誰もがホームページを作る理由


費用対効果が絶対的であること

「費用対効果が絶対的であること」
多くの人がホームページを作って運用しようとする最大の理由を一言で言えば、この一言に尽きます。

月々費用について、SNSなどで0円で済ませる方。
1万円ほどの費用をかける方。
10万円の費用をかける店舗様。
100万円をかける会社様。
更には月々1000万円では全く収まらないような大企業様まで。

その方や店舗様や企業様の状況やお考えによって、ホームページに対して月々かける費用こそ異なれど、誰もが「ホームページはあった方がいい」と口を揃える理由は、このことに尽きると思います。

また、ナイトワークに特化して理由1を掘り下げた場合、理由2~5のことが理由となります。


求人に大きな影響を及ぼすこと

求人に大きな影響を及ぼすことも理由の一つです。
ホームページは、
・求人内容の説明役として
・安心を伝える役として
通常、求人面でも今や欠かせないものと言えます。

また、店舗様によっては、求人に対し、
・公式サイトの運営
・公式求人専用サイトの運営
・他社求人サービスの利用
など、多数のアプローチをされています。

多数のアプローチをされるのは、
それだけ求人にチカラを入れていることが
公式サイトだけでは、求人に特化していないことが
他社求人サービスだけでは、求人情報だけを伝えるに留まってしまうことが
その理由となっています。

少なくとも求人を重要視される店舗様にとっては、公式サイトの存在は欠かせないものと思います。


集客にプラスに働いてくれること

ふとお客様の目についたとき、看板を気にしたとき、ネットで一瞬調べてから訪問することも今や当たり前の行動の一つです。
言うまでもなく、ウェブサイトを持たないだけでそうした機会をみすみす失ってしまうことはとても勿体ないことだと言えます。


お客様の再訪に役立ってくれること

店舗の名前や存在を、一瞬でもお客様の頭に浮かべて貰うことはとても大切なことです。
きちんと更新がされるサイトであれば、定期的にチェックしたり、時々見ていただけるお客様が必ず居るようになります。
見ていただくことは認知に繋がることとなり、認知に繋がることは必ず再訪に対しても影響を及ぼしてくれます。
見えづらく地味にも思えますが、とても大事な役割を担うこととなります。


道案内役をしてくれること

ウェブサイトにきちんとした地図情報が掲載されていて、サイトが道案内役をしてくれることは、単純に便利になり意味を持ちます。
友人同士で、仕事仲間で、幹事が新しいお店を選ぶ際にも、きちんと地図が載っていないお店では選択肢に入れづらくなってしまいますので、そうした面でも意味を持つこととなります。